モモちん(19歳) 貪欲娘とテレホンセックス・後編

電話の最中はスルーした疑問だったけど、こうやって改めてレポートを書いてると気になった「未成年とのテレホンセックスは犯罪か」という疑問。

すぐさまネット検索。

「未成年とテレホンセックスは犯罪」と打ち込んだら、すぐに出てきた!やっぱり同じ事を心配するやつがいるんだな!

最初に出てきた「教えてgoo」を開く。

「メールや電話での疑似性行為(テレホンセックス)であっても、児童福祉法や各都道府県にある青少年健全育成条例(都道府県によって名称が異なる場合がある)に違反する事になります」

だと。ふう~(ひたいの汗を拭う)こわ…肝に銘じとこう。

と、チンコが若干萎えそうな話題から始まりましたが、前回から引き続きモモちん(19歳)とのテレホンセックス体験談の続きだ!

俺「モモちゃんって、クリトリスとオマンコ、どっちが感じる?」

モモちん「えー…クリしか感じない」

俺「あー…。若いからまだ未発達なのかな。ウンウン…」

自分もそんなに経験が豊富じゃないのに兄貴づらする俺。

俺「じゃあ、クリから触ってごらん」

モモちん「あん…」

俺「もう片方の指を、オマンコに入れて」

モモちん「ア…」

俺「オマンコ、もう濡れてるだろ?」

モモちん「アッ…濡れてる…」

俺「モモちんのオマンコは、まだ未開発なんだよな。オマンコの中に入れた指をかき回して、気持ちいいとこ探してごらん」

モモちん「…アッ…ン…ンン…」

俺「クリはちゃんといじりながら」

モモちん「アッ……アンッ…アンッ…」

俺「エロい声出てきたね…モモちんのオマンコ、舐めたいな…」

モモちん「アッ…なめてぇ……」

俺「チュバッチュバッ…ジュジュバッ……チュチュチュル…」

モモちん「アンッ…アアンッ…アッ…アンッ…いやっ…」

俺「モモちゃんのオマンコ、美味しいよ…」

そしてさらに舐める音をたててやる。

モモちん「私も、ハザマさんのオチンチン、舐めてあげる…」

おお!積極的!リアルにフェラ好きだったら是非とも会ってみたい!

俺「デカいけど、しっかり口に入れろよ…(見得)」

モモちん「ムン…チュパッ…チュパッ…チュルチュル…チュパッ…」

いいねえ…可愛い音だ…

音を聞きながら目をつむり、リアルにフェラされている想像をする。

おう!あぶねえ!すぐいっちゃいそうだ!慌ててチンコをシゴくのを中断。

久々のテレホンセックスだ。もう少し長く楽しみたい。

俺「モモちゃん、オッパイも感じるほう?」

モモちん「ウン…」

俺「オッパイ何カップ?

モモちん「B…」

俺「ちょうどいいじゃん…じゃあ、乳首いじるよ」

モモちん「アンッ…」

俺「乳首ビンビンにとがってるよ、モモちゃん…」

モモちん「アン…アン…」

俺「モモちゃんの乳首も美味しそうだ……チュバッ…チュバチュバ…」

モモちん「アッ…アアアッ…だめ…いっちゃいそう…」

俺「じゃあ、モモちゃんのオマンコにチンポ入れるよ…」

モモちん「アッ…アアッ…」

俺「…ホラ…入った…」

モモちん「アッ…アアッ…」

俺「ああ、すぐ、いきそうだ…」

モモちん「あたしもッ…」

俺「モモちゃんのオマンコの中に出すよ…」

モモちん「アッ……アッ…だメッ…アンッ…」

俺「出るよっ…」

モモちん「あんっ…いやっ…アアアアッ…アアーッ…」

ふう…久々のテレホンセックスだったから大量に出たぜ…

テレホンセックス後、モモちんが「何か、あそこが気持ちよくなってきたかも」と言っていたのをチャンス!とばかりに、「リアルに会ってくれたら、もっと開発してあげるよ」と誘ってみるが、すぐに撃沈。「おじさんとは無理~」だと。あっそ。そうだよな。20歳も歳はなれてる俺は完全にオッサンだよな。若いコの体を開発、なんていう出すぎた夢を見てスンマセンでした。クソして寝ます!

と卑屈になりつつ、久々のテレホンセックスに大満足した俺だった。


PAGE TOP