欲求不満主婦・奈津美 リアルにセックスしながらテレホンセックス・後編

最近、初夏のような気温が続き、女性がどんどん薄着になっていくのがいい。

もっと。もっと薄着に。ノースリーブ姿の女子達が脇パイを見せて歩く様が見たい。

エロ先輩の諸君にもう説明する必要はないと思うが、脇パイはおっぱいになれなかった脇横の肉の部分だ。念のために。

脇パイってもう、オッパイだと思わないか?

俺はあの部分もオッパイだと思っているので、脇パイには妙にエロスを感じる。

脇パイに乾杯!

というわけでオッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

前回から引き続き、奈津美とのテレホンセックス体験談だ。

前にテレホンセックスを何度かしたことのある欲求不満主婦・奈津美。最近ご無沙汰だったが、急に奈津美の方から「テレホンセックスしよう」と電話がかかってきた。

ちょうどテレホンセックスの相手を探してたところだったので、即OK!

しかし奈津美の様子がなんだかおかしい。最初からハアハアと息遣いも荒く、不審に思ってたら、なんと、男とやりながら電話してきたということが判明!

なんだよなんだよ!俺をスリリングなセックスをするためのダシにしやがって!

奈津美ーー!

前に野外でやらしてくれた事があったけど、顔だけは頑なに見せてくれなかった奈津美!

俺とは一回こっきりだったけど、しっかり別にセフレ作って楽しそうじゃねーか!

そっちは楽しくセックスしながら電話か?!ええ?オイ!

若干屈辱的だけどな、でもな…

こういうのも結構萌えんぞーーーーー!(シャウト)

不思議と、男とやりながら電話してきてるのを知ってからの方が、チンコが固くなっている俺。

俺「じゃあ今から、どうやってセフレに攻められてるか実況中継しながらやってよ」

奈津美「うん…分かった…」

俺「今、どうされてんの?」

奈津美「バックの体制で、入れられてる…」

俺「何を?」

奈津美「チンポ…ゆっくり入れたり…出したり…アアッ…」

俺「うん…それで?」

奈津美「後ろから乳首つままれたり…アッ…今…ギュッて引っ張られて…アアン…」

俺「痛いか?」

奈津美「ううん…痛いくらいにされると気持ちイイッ…アアッ…」

俺「じゃあ、もっとお願いするんだな」

奈津美「もっと、乳首ひっぱって…アアッ…アアッいいっ…」

俺「Mだな」

奈津美「アッ…ゆっくりチンポを出し入れしながら…クリトリスもいじられてる…アッ…すごい気持ちいい…」

俺「どういうふうにクリトリスをいじられてるのか、もっと詳しく」

奈津美「私の…濡れた汁をクリトリスに塗りつけて…アッ…優しくクリクリって…」

俺「クリトリスを強くつまんでもらえ」

奈津美「クリトリスを強くつまんで…ヒアアアアッツ…」

俺「どうだ?」

奈津美「これは…ちょっと痛い……」

俺「そうか…じゃあつまむのは乳首にしてもらえ」

奈津美「乳首を強くつまんで…アアッ…アアッ…アッツすごいイイ!」

なんか他人のセックスを遠隔操作してるのって面白い。
エロの神になったような気がする。

奈津美「アッ…すごい、チンポの出し入れが…早くなってきた…アアッ…」

そろそろ相手の男もフィニッシュしたいのだろう。俺も合わせて早くしごく。

奈津美「アッツアアッツ…かたいっ…気持ちいいっ…すごいっ…激しくチンポを出し入れされてるっ…アアッ…」

俺も激しくしごく。

奈津美「アッ…アアッツ…チンポ気持ちいいっ…アアッツすごいっ…だメッツ…いきそういきそう…アッ…いっちゃうっ…アアッツ…ハザマさんっ…」

俺「いいよ、俺も…」

奈津美「アッツアアーーーっ…イクイクイクイクーーーーーーーー」

ふう…気持ちよかった…

しかし、快感の波が消えていくと同時に、いつもの倍空しくなったのは言うまでもない。

まあ、こういうのは、Mっ気のある男子にはオススメかもしれない。


PAGE TOP