Fカップ巨乳もえ(21歳) トイレで後ろから犯す!テレホンセックス・前編

今、ロンドンハーツの再放送をチラ見しながらパソコンに向かっている。

大丈夫。音量は下げてるから充分集中できる…ん?

なんだなんだ!俺の彼女(手島優)が出てるじゃねーか!

胸元を切って広げた体操着着て走って…ちょっと待ってちょっと待って。

テレビに集中したい。

ブルマー姿の手島優が幅跳びするところを下からのアングルで…

ウン…ナイス開脚!ごちそうさーん!

これからロンドンハーツの女子運動会は録画…と心のノートに書き記す。

…というわけでオッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

今日もテレホンセックスの相手を探しに2ショットチャットを物色する俺。

今日の気分はちょっと野蛮系だ。

メッセージに「会ってすぐトイレに連れ込まれて後ろから‥みたいなのって興奮する?」と書き込んで待つ。

今日の釣りはこれ一本で行く。男らしいだろ?

ビールを飲んだ後に豪快にゲップ。片手でクシャッと缶をひねり潰してゴミ箱へ投げ込む。男らしいだろ?

使用済みのコンドームだってそのまま摘んで頭上でブンブン振り回し、ピシャーンと投げ捨てるような男らしさだ。

そんなワイルドさに反応してか、いつもなら書き込み1件だけだとなかなか釣れないのに、すぐに女性が入室してきた。

オウオウ!どうしたどうした!俺の男らしさ伝わっちゃったってわけか?!

俺「こんばんは」

もえ「こんばんは」

俺「メッセージ見て興奮しちゃた?」

もえ「うん」

俺「俺、チャットエッチダメだから、電話にしようよ」

ずばっと要求。今日はホント俺、男らしいぜ。

もえ「いいよ。スカイプでもいいけど」

どうやら、もえもテレホンセックス常連のようだ。

テレホンセックス用のスカイプを持ってるらしい。

じゃあ話は早い!というわけで、テレホンセックス開始!

俺「もしもし」

もえ「もしもし」

俺「結構、こういうのするの?」

もえ 「うん」

俺「週何回?」

もえ「1~2回くらいかな」

俺「結構するんだね。ちなみに彼氏とかは?」

もえ「いたら、こんなのしないよ~」

俺「欲求不満なんだ」

もえ「まあ…そうかな」

俺「じゃあ、会ってすぐにトイレに連れ込まれて…って、リアルに経験したことはある?」

もえ「ええ~ないよ~」

俺「やってみたいと思わない?」

もえ「ええー…」

「今すぐやろうぜ」と言いたい気持ちをグッとこらえる。焦りは禁物だ。

俺「オッパイはどのくらいのサイズ?」

もえ「Fカップ」

俺「いいじゃん。よくジロジロ見られたりする?」

もえ「そうでもないよ」

俺「俺だったら、Fカップなんてジロジロ見るけどね」

もえ「やだぁ…」

俺「俺が、たとえば駅とかでもえを見たら、Fカップの女がいるなって、とりあえず近づくよね」

もえ「ほんとに?」

俺「どうやったら、このコとやれるかな?って思うよ」

もえ「ナンパとかするの?」

俺「場合によってはするよ。終電間際で酔っ払った女の子とかね」

もえ「えー。どんなふうに?」

俺「運よく同じホームで降りたりしたら、飲みなおさない?とか声かけたりとか」

もえ「OKだったりするの?」

俺「前に飲みにいったことあるよ(嘘)」

もえ「えーそれで?!」

俺「居酒屋のトイレが、たまたま男女兼用だったから、彼女が入った後にすぐ後を追っかけてトイレに入ってさ、最初は軽く抵抗されたけど、キスしたりコチョコチョして…結局はホテル行ったよね(嘘)」

もえ「えーーーあるの?そういうことって」

俺のホラ話にくいつくもえだが、このままホラ話をしていても虚しいだけだ。

俺「もし、もえだって酔っ払ってたらガードが緩くなると思うよ。たとえば全く同じ状況で…」

と自然な流れでテレホンセックスへと、話を持っていく俺。

続きは次回。チンコ膨らませて待て!


PAGE TOP