ゆい 漫画喫茶でスリル満点!テレホンセックス【前編】

新年あけましてテレホンおめでとうございます。今年も宜しくセックスお願いします!

今年も良いテレホンセックスができる事を祈願して、新年の挨拶に無理矢理テレホンセックスのワードを挿入してみた。

良い年になりそうな予感がする。

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

正月みんなどうしてた?

俺は、家で食っちゃ寝、昼間から酒飲んでグダグダ過ごしてた。

正月の特番にも飽きて、観たいDVDもなく、もちろん彼女もいないので暇をもてあましていた俺は、いつも通り、ムラムラして出会い系チャットルームで相手を物色していた。

こういう国をあげての休みの日ってのは、俺みたいに暇を持て余したやつが結構来ているので、賑わってるのな。女子も結構いる。

その中で、「ゆいです。今、漫画喫茶なんだけどエッチな気分になっちゃった」という女子の書き込みを発見。

漫画喫茶だと、チャットセックスになるのかな?

俺は前から言っているようにチャットセックス派ではないんだけど、(キーボード打ちながらチンコをしごくのが物理的に無理だ。手が3本は必要だ。そう思わないか?)他の女子が次々と2ショットになっているので、もう選択肢がなくなっている。

しょうがねえ…

しぶしぶ、2ショットチャットの入室ボタンを押す俺。

俺「こんばんは」

ゆい「こんばんは」

俺「漫画喫茶でエッチな気分になっちゃったの?」

ゆい「うん」

俺「アダルトサイトでも見てたの?」

ゆい「うん」

俺「チャットセックスしたくなったの?」

ゆい「うん」

俺「電話は?」

ゆい「えー。」

俺「小声ならいけるんじゃない?」

ゆい「どうしよ…」

迷うゆいを何とか説得する俺。

チャットで話しているうちに、ゆいにはMっ気がある事を察知。

ヨシ!ソフト調教プレイに持ち込みつつ、なし崩し的にテレホンセックスだ!

俺「いまどんな格好してんの?」

ゆい「薄手のニットと、ミニスカート」

俺「いいね…じゃあさ、ブラとパンツだけ脱いで、ドリンクコーナーで飲み物取ってきなよ」

ゆい「えー」

俺「誰とすれ違うか分からないけど、スリルあるじゃん」

しばらく迷う間があったあと、ゆいから「わかった。ちょっとまってて」と返答。

そして待つこと5分弱。ゆいからまた返答が。

ゆい「今、ドリンクコーナー行ってきた」

俺「おおーー。どうだった?」

ゆい「男の子2人にジロジロ見られた…」

俺「大丈夫だった?」

ゆい「うん」

俺「ちょっと興奮はした?」

ゆい「興奮ていうか…ドキドキ」

俺「ノーブラっていうのバレたかな?乳首がツン立ちしてんの見られた?」

ゆい「そうかも…」

俺「ゆいの姿みた男共は、後でオカズにするだろうな」

ゆい「やだー」

俺「そいつら、勃起してたんじゃない?」

とチャットしつつ、俺も股間はパンパンだ。

こすりたいけど、こすれない…

あーーーーー!!!電話で声を聞きながらチンコ擦りてーーー!

俺「ちょっと小声で電話してみない?声聞きたいんだよね」

もう一度、低姿勢で誘ってみた。

ゆい「いいよ」

やったーーーーー!

急いで電話番号を教えて、ズボン下ろしてスタンバイ。ティッシュはいつも通り俺の真横に配置。

すると電話がなる。

ゆい「もしもし」

周りを警戒して、かなり小声のゆい。

俺「もしもし。こういうの初めてだからちょっと興奮するね」

ゆい「うん」

俺「パンティー履いてないんだよね?」

ゆい「うん」

俺「じゃあ、脚を思いっきり開いて」

漫画喫茶にいるゆいとテレホンセックス開始!

続きは次回。チンコ膨らませて待て!


PAGE TOP