欲求不満主婦・奈津美とテレエッチで露出プレイ・後編

バスに乗りながら思う。

運賃は、ウンコチンチンの略語だと、未来の子供達に伝えたい。

俺にしか伝えられないことがある…AC。

どうすか?このCM。誰か使ってくれてもいいっすよ。

というわけでオッス!俺、ハザマックス。テレホンセックス大好き三十代。

自己紹介を済ませたところで、さっそく前回からの続き、欲求不満のエロ主婦・奈津美とのテレホンセックス体験談だ。

「バイブを突っ込んだまま、ベランダに出てみなよ」

と奈津美に露出プレイを促す俺。

「ええ…そんな…恥ずかしい…」

いいね、恥じらいかたもエロイ。

俺「じゃあ、試しに窓んところ行ってみてよ」

奈津美「…ハイ」

俺「奈津美の家は、何階?」

奈津美「2階…」

俺「じゃあ、大丈夫だよ。カーテンちょっと開けてみて」

奈津美「…開けました…」

俺「どう?人いる?」

奈津美「ウン…」

俺「男?女?」

奈津美「近くに中学校があるんです…」

俺「そんな近くじゃないでしょ?」

奈津美「ううん…結構近く…」

俺「今、授業中だから大丈夫でしょ、ちょっとベランダ出てみて」

奈津美「ハイ…」

窓を開ける音と、雑音が聞こえる。本当にベランダに出たようだ。いいぞエロ主婦!興奮してきたぜ!

俺「奈津美、バイブ突っ込んだままだよな?」

奈津美「ン…」

俺「中坊に見せてやれよ」

奈津美「ダメッ…アッ…ハアッ…」

外にいるからか小声にはなったが、奈津美も相当興奮してるようだ。

俺「ベランダの柵はどんな感じ?下半身が見えるタイプ?」

奈津美「ハイ…アッ…」

俺「スカートでバイブは隠れてるだろ?」

奈津美「アアッ…でもっ…こんな外でッ…」

俺「スカートちょっと持ち上げて、バイブ突っ込んだマンコさらしてみなよ」

奈津美「ハアッ…そんな…そんなっ…アッ…アッ…アッ…」

俺「ほら、早く…!」

奈津美「ダメ、いっちゃいそう…」

俺「外でいっちゃえ…誰かに見られながら…ホラッ…ホラッ…」

奈津美「アアッ…アアッ…アアーー……」

俺「…ウッ…ウウ…」

ふう…

出た…

気持ちよかった…

小声ながらもエロイ喘ぎ声を出してイッた奈津美に、最後ダメもとで「今から会えない?」と聞いてみたが、やっぱりNG。

なんだ!ベランダには出れるのにリアルはダメか!

まあいいか。

股間を拭き、すっきりした気持ちで電話を切った。

携帯の番号はひかえてあるので、また今度電話してみよう。

今度はベランダどころか、完全野外でテレホンセックスさせようと誓う俺だった。


PAGE TOP