OL・りこ 露出好きのエロ女とスカイプでテレホンセックス・後編

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

前回からの続きで、ほしのあきばりのナイスプロポーションのOL・りことのテレホンセックス体験談だ。

スカイプの画面にうつしだされたオッパイがプルルーンと柔らかそう。

しかも脚を広げると、パンティーにしみが!たまらなくイヤらしい姿に思わずチンコをしごく俺。

俺「オッパイを下から持ち上げるように揉んで」

りこ「こう?」

俺「そう…ゆっくり」

形のいいオッパイが歪む。

俺「揉みながら、乳首も指でつまんで…クリクリして」

りこ「アッ…ン…」

俺「乳首自分で舐めれる?」

りこ「ウン…」

俺「じゃあ舐めてみて」

うつむいた状態だけど、カメラに顔がうつった!やった!
角度的にあまり見えないけど、結構可愛いんじゃねーか?!

りこはカメラに顔がうつっているのに気がつかないのか、いやらしく自分の乳首に舌を這わせている。

俺「音立てて吸って」

りこ「チュパッチュパッ…」

俺「ああ…スゲーいやらしい…」

チンコをしごきながら画面をくいいるように見る俺。

俺「パンティーの上からオマンコさわって…下から上にゆっくりなぞるように」

りこ「アア…」

俺「乳首もクリクリつまんで…強く引っ張って…」

りこ「ンッ…」

ヨダレまみれの乳首をいじりながら、パンティーごしにオマンコを触るりこに興奮。

俺「パンティー横にずらして、オマンコ見せて」

りこ「…ウン…」

りこのオマンコは毛がうすいために丸見えの状態。エロイ…!

俺「オマンコ丸見えだよ…やらしいね」

りこ「アア…恥ずかしい…」

俺「いつも自分でやるように触ってみな」

りこは、クリトリスをソフトにいじり始めた。

りこ「アッ…アアッ…」

俺「いいね…オマンコ、ぐちょぐちょになってるね」

りこ「アア…」

俺「いつも、こんなイヤらしい姿見せてるの?」

りこ「ウン…」

俺「オマンコ見られて興奮するなんて、変態だな」

りこ「アアッ…」

俺「もっと腰突き出して、オマンコ見せて」

りこ「アア…もっと見て…」

俺「何を見ればいいの?」

りこ「オマンコ…見てえ…アアッ…」

俺「誰のオマンコ?」

りこ「りこの…オマンコ見て…」

俺「グチョグチョの、だろ?」

りこ「りこの…グチョグチョの…オマンコ…見てぇ…」

コテコテだけど、俺はこのやりとりが好きだーー!

世界の中心で叫びたいくらい。古いか。

りこは、右手でクリトリスをいじり、左指でオマンコの穴付近をいじっている。

俺「クリトリスとマンコ同時にいじるんだ…」

りこ「アッッ…これがいいのっ…」

俺「エロいなー…」

りこ「アッ…」

俺「俺のチンポ、このオマンコにぶちこみたいな」

りこ「入れて…」

俺「じゃあ、入れるぞ…ホラ!」

りこ「アアアッッ…アアッッ」

りこがマンコに入れた指を激しく出し入れする。AVのようにズームはしないが、グチャグチャのマンコが目の前にあるような錯覚すら覚える。

俺「りこのオマンコ、いいよ」

りこ「アアッッ…アアッッいいッ…」

俺「エロいオマンコ、よく見えるよ」

りこ「アアッ…すごい…イイッ」

俺「俺、もうイキそう…」

りこ「私もっ…アアッッ」

俺「りこの中に出すよ」

りこ「アッ…出してアッッ…イクッ…アッッイクイクッッ…イクーーーーーッ……」

りこがビクビクと痙攣しながら仰け反った。

……ふう……

久々のスカイプだから早かったな俺。しかも、スゲー大量に出た。

ハア…最高…

一応ダメもとでリアルハメを申し込んだけど、あっさりNG。ハイ。そっすよね。だってかなりハイレベルなコだもんなー。

またスカイプで会えたらいいねー、なんて言ってさっぱりとした感じで別れたけど、実はかなり名残惜しかった。

あのハイレベルなビジュアル…

しばらくは、あの残像で抜けそうだ。

だから俺は大丈夫。

ほしのあき…君がいなくても大丈夫だ。

だから笑顔でさよなら出来る。

さよなら…そして有難う…俺のあき。

そう呟きながら、俺は写真集を投げ捨てたのだった。

(その後すぐに拾い、大切に本棚にしまった)


PAGE TOP