痴漢好き・女子大生・アユミ 痴漢イメージプレイのテレホンセックス・中編

オッス俺、テレホンセックス大好き、ハザマックス!

今回の相手は、痴漢にあいすぎて痴漢好きになってしまったというエロエロ女子大生、アユミ。

そんなAVみたいな話が本当にあるのか?アユミは電話で痴漢イメージプレイを希望してるが、痴漢プレイの前に、ホントかどうか確認する俺。

俺「電車でどんな感じに触られるの?」

アユミ「えっと…お尻を、優しく撫でられて…だんだんアソコに指が伸びてきて」

俺「スカートの上から?」

アユミ「そう。で、こっちが黙ってると、スカートの中に手が入ってきて、パンティーの上からアソコを触られて…」

俺「どんなふうに触られるの?パンティーの上からクリトリスをこね回す感じ?それともマン筋を上下に触る感じ?」

と言いつつ、チンコをゆるーくしごき始める俺。

アユミ「クリトリスを…中心に…でもアソコ全体をいじる感じで…」

アユミの声も熱っぽくなってきている。

俺「痴漢にされたように、自分でいじりながら話して」

アユミ「ウン…」

俺「それで?パンティーの中に手が入ってきたりするの?」

アユミ「そう…パンティーを横にずらして、アソコを…」

俺「オマンコって言って」

アユミ「あ…オマンコ…を直接いじってきて…」

俺「アユミのオマンコは、その時どうなってるの?」

アユミ「濡れてる…」

俺「アユミが感じてんのが痴漢にバレるな。知らない男に触られてオマンコ濡らすエロ女だって思われるな…」

アユミ「アアッ…」

俺「こいつ、何してもいいエロ女だって痴漢にバレると、オマンコ好き放題されるだろ?」

アユミ「アッ…ハアハア…」

俺「後ろからオマンコに指入れられて、出し入れされて…前のやつにオッパイ触られて…」

アユミ「アアッッ…いや…」

俺「複数にされたことあるのか?」

アユミ「ある…」

俺「何人?」

アユミ「3人に…囲まれて…パンティーも脱がされて…」

俺「うんうん」

アユミ「オッパイもアソコも直接触られて…」

俺「脱がされたんだ?上も?まわりに見られたりしたんじゃない?」

アユミ「うん…混んでるから…大丈夫かな?わからないけど…」

俺「で?」

アユミ「最後までされちゃって…」

俺「ええ?!チンポ入れられたの?」

アユミ「うん…」

えええええええええええええええーーーーーーーーー

もうだめだ、俺は本気でしごく!

続きは次回。チンコ膨らまして待て!


PAGE TOP