女子大生・ミホ(19歳)「彼氏とのセックスに不満があってきました」・前編

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

今日も気持ちいい抜きをした後、チンコ出したままパソコンに向かっているよ!

やっぱさ、鮮度があるうちに体験談書いたほうが臨場感出るじゃん。

だからこれを書いてる時は大抵、チンコ出した状態の俺だって事を念頭に入れて読んで欲しい。

じゃあ…いくぞ。用意はいいか?

テレホンセックス体験談、はじめっぞーーーー!(拳を天高く突き上げ)

今回の相手は、女子大生のミホちゃん19才。

某アダルト掲示板から吊り上げたんだけど、毎日テレホンセックスしてから寝る、というテレホンセックス中毒女子。

だいたい女の子って「テレホンセックスってよくするの?」って聞くと、「あんまり…」とか「初めてです」とか言うのが多くて、前に一度電話で当たったかな?と思って聞いても「人違いです」とか言い張ったりするから、こうもはっきりと「毎日テレホンセックスしてます!」と言うコは珍しい。

「彼氏とかいないの?」と聞くと、「いる」と「付き合って3年くらい」だと教えてくれた。そして、

「彼とのセックスでイッた事なくて、欲求不満なの」とも。

おっしゃー!俺が電話で気持ち良くさせてやるぜ!そしてあわよくば、リアルにセックスを!テレホンセックスからセックスへと続くウィニングロードを辿るんだ!

辿れ!俺!「たーどーれ!たーどーれ!」と大観衆のコールが聞こえてくる。俺も大観衆に向かってガッツポーズでこたえるんだ。もちろんチンコ丸出しで。大観衆も7割方チンコを丸出してて…あれ?あれ俺の親父じゃねえ?親父なにやってんだ…あ、いかんいかんミホとの会話に集中だ。

俺「浮気とかしたことないの?」←リアルセックスに誘いたい下心

ミホ「浮気とかしないように、テレホンセックスで(性欲を)収めてるんですよ」

俺「へ…へー…偉い…っていうか真面目なんだね…」

一瞬ひるむが、ここは大人の知恵で丸め込みたいところ。

俺「でもさ、イッた事ないなんて不幸なことだと思わない?一度イク感覚を覚えれば、彼氏とのエッチだって良くなると思うしね?体だけの浮気なら後腐れとかないし、そんな罪悪感を感じなくてもいいと思うんだ。そう思わない?」

なるべく下心が前面に出ないように、よどみなく説得する俺。

ミホ「そう…そうかも?うーん…」

ミホの信念が揺らいできたところで、

俺「じゃあさ俺とテレホンセックスして、15分以内にイッたら会ってくれる?」

と勝負を持ちかける俺。こういうゲーム性を持たせればホラ、軽くて明るい感じになるだろ?

ミホ「うん…いいですよ!」

よっしゃーーー!

期待で膨らむチンコ。

片手でベルトを外しながらテレホンセックススタート。

俺「じゃあ、服脱いでパンティーだけになって。あと、姿見とかってある?」

ミホ「うん…あります」

俺「じゃあ、姿見の前に脚を広げて座って」

ミホ「うん…」

自分のエロイ姿で興奮させてやる!

そんで即イキ→リアルセックスに持ち込むんだ!

勃起したチンコのように固い意思でテレホンセックスに挑む俺。

…続きは次回。

チンコ膨らませて待て。


PAGE TOP