みか(32歳) 欲求不満主婦とテレホンセックス・後編

正月番組だったか、ボンヤリとテレビをつけてると、早食いの女子達のバ
トルが流れていた。

中には結構可愛い女の子もいて、そんな彼女達がラーメンやら天丼やら、
もたれそうなメニューを大量に平らげていく。

スゲーなー、結構可愛いコ達なのになーと思いながら見ていると、超ロン
グなソーセージを食べ進む競争になった。

両手でソーセージを持ってかぶりつく彼女達。脂でぬめった唇がソーセー
ジをくわえる。

あれ…これって…すごくお得感のある映像なんじゃないか?

心なしか、ソーセージバトルになってから、彼女達の口元のアップが増え
たような…ウン。カメラマンのイヤらしい意図を感じる気がする。

ウン…そうだ…ウンウン…(ズボンのベルトを外す)

やっぱそうだよな(ズボンを降ろす)

頑張れ頑張れ(しごき開始)

フードバトル見ながらチンコをしごく俺。ワイルドだろ?

まあ、ヌケなかったけどな。

オッス!俺、テレホンセックス大好き、ハザマックス!

前回から引き続き、旦那と3年セックスレスで欲求不満の主婦・みかとのテ
レホンセックス体験レポートだ。

妙に色っぽい声なので、卑猥な言葉を言わせたいと思った俺は、

しょっぱなから、みかに「オチンポ」と言わせた。

俺「ああ…いいね~。その声でオチンポってかなりエロいね~!もう、着
ボイスにしたいね~」

みか「んふふ、やあだ~」

俺「バーの男とやった時、どんな感じでやったの?まずキスして?」

みか「うん、まずキスしたかな」

俺「やっぱ、ベロちゅーでしょ?」

みか「ベロちゅー?あ、ディープキス…そうそう」

俺「で?それからベッドに押し倒されて?」

みか「ううん、『舐めて』って言われて」

俺「まずフェラ?へえ~」

みかによると、靴も脱がずに玄関口でキス→そのまま玄関でフェラチオを
要求されたらしい。

俺「で?したの」

みか「うふふ…うん」

エロイ人妻、サイコーだな!

俺「フェラチオとか、好きなの?」

みか「好き…」

俺「じゃあ、俺にもしてよ」

みか「うん」

俺「あ、しゃぶる前に、『おちんぽ、いただきます』って言ってね」

みか「うふふ…おちんぽ、いただきます…チュパッ…チュッチュッ…」

オオゥ…もういっちゃいそうだ…

俺「じゃあ俺も、みかのオマンコ、舐めちゃおうかな…ジュパッ…チュルチュツ…ジュルッ…」

みか「アアンッ…アアッ…ダメェ~ん」

俺「みかのオマンコ、すげー濡れてる…ジュルルッ…チュッジュパパッ…」

みか「アッ…アアンッ…」

俺「気持ちい?」

みか「ウンッ…オマンコ気持ちいぃ~」

俺「クリトリスも舌でコロコロしちゃうぞ…チュッチュッチュッ…チュルルッ…」

みか「アアン…いやぁん…」

しばらく、舐めるプレイをしていると、みかの声が高くなってきた。

みか「アアンッ…もう…もう…」

俺「もう…何?」

みか「入れてぇ…」

俺「ちゃんと、何に何を入れて欲しいのか言ってみな」

みか「みかの…アアン…オマッンコに…オチンポ入れてぇ…」

よしきた!

俺「じゃあ、自分で脚開いて、オマンコ広げて…ホラ、行くぞ!」

みか「アアンッ…」

俺「ウンッ…ウンッ…」

みか「アアッ…イイッ…オチンポッ…イイッ…」

俺「みかのオマンコ、気持ちイイよ…」

みか「アアッ…オッチンポがッ…すごいッ…大きいッ…いきそうっ」

俺「俺も…オマンコに中だしするぞッ…」

みか「中に出してッ…」

俺「みかのオマンコにいっぱい出すぞ…」

みか「アアンッ…イクッ…イクイクイクぅ~…アアーーッ…」

ふう…すっげー良かった…

テレホンセックス慣れしてるせいか、飲み込みが良かった。人妻だからか?終わったあと、例によって「会ってみようか?」とお願いしてみた。
まあ、ダメもとだったけど「いいわよ」とアッサリOK。

ええーーーー。マジすかマジすか!

メールアドレスを交換し、近々飲みにいく約束を取り付けた。

もう、やるしかないっしょ!ホテルの玄関でフェラしてもらうしかないっしょ!そうっしょ!

新春早々、良い滑り出しでスタート!みかと会ったら、それもレポートしやす!んじゃまた!


PAGE TOP