よう子(35歳) ノリの良いドMな淫乱主婦とテレホンセックス・後編

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

前回から引き続き、ドMな淫乱主婦・よう子とのテレホンセックス体験談だ。

全裸にストッキング一枚、という格好をさせて姿見の前で脚を開かせ、どんな風になってるか報告させるところからプレイをスタートさせた。

よう子「オマンコに、ストッキングが食い込んで…シミになってる…」

俺「オマンコ濡らしてるんだ」

よう子「はい…」

俺「よう子のオマンコグチョグチョに濡れてますって言ってみな」

よう子「アッ…よう子のオマンコ…グチョグチョ…アアッ…」

俺「ストッキングの上から、オマンコいじってごらん」

よう子「アアッ…アアッ…」

しばらく、オマンコをいじらせた後、「ストッキングのオマンコのところに穴をあけて」と命令した。しばらく待った後、

よう子「あけました」

俺「じゃあ、その穴から直接オマンコをいじって」

よう子「アアッ…」

俺「よう子のオマンコどうなってる?」

よう子「オマンコ、グチョグチョですっ」

俺「どうしてほしいか言ってみな」

よう子「アアッ…チンポ欲しいです…」

俺「わかった。じゃあ、四つんばいになってケツあげて」

よう子「はい…四つんばいになりました…」

俺「自分の姿、みてみな」

よう子「すごく…エッチです…」

俺「アナルもよく見えるだろ」

よう子「アアッ…」

俺「アナルセックスはやったことある?」

よう子「ないです…」

俺「じゃあ、これから開発しないとな」

よう子「はい…」

俺「じっくり指でほぐしてからチンポ突っ込んでやるからな」

よう子「アアッ…イヤアアッ…」

俺「嫌じゃないだろ?」

よう子「アッ…」

俺「ちょっと指に唾つけて、アナルに塗ってみな」

よう子「アッ…」

俺「アナルの周りからクリクリクリ…って」

よう子「アアン……」

俺「俺がよう子のアナル、舐めてるぞ」

よう子「アアッツ…恥ずかしい…」

俺「よう子のウンコの匂いがするぞ」

よう子「アッツ…ダメえ…」

俺「グチョグチョマンコも舐めてやろうか」

よう子「アッツ……」

俺「舐めて欲しいか?」

よう子「舐めてっ…」

ここで舐めてもいいんだけど、これじゃ普通のテレホンセックスになりすぎなので軌道修正。

俺「あれ?今、タメ口だったな」

よう子「あ…ごめんなさい…」

俺「おしおきしないとな」

よう子「ああ…」

俺「ケツ、ひっぱたくぞ。自分で思いっきりひっぱたけ」

パン!と電話口から聞こえてくる。

よう子「アアッツ」

俺「もっと!」

よう子「アアッ」

俺「俺がいいと言うまで叩くんだ」

しばらくケツを叩かせたあと、優しくする俺。

俺「よし、いい子だ。じゃあ、ご褒美にオマンコ舐めてやるからな」

よう子「アアッ…お願いします…」

俺「グチュッ…ベチョベチョ…チュバッ…」

よう子「アッ…アアアッ…アアッ…」

よう子の声が段々高くなっていく。そろそろイク感じかもしれない。俺ももうそろそろだ。

俺「じゃあ、バックから入れるぞ…アナルに…」

よう子「アッ…アアッ…」

俺「よう子のアナル…きついな…」

よう子「アアッ…ダメダメぇ!」

俺「よう子のアナルにチンポ入ってるぞッ」

よう子「アアッ……イヤアッ…」

俺「そんないやらしいカッコで、アナル丸見えにさせたからだぞっ…」

よう子「アッアアッ…アア…」

俺「よう子のアナル、気持ちいいぞッ…」

よう子「アアッ…アアッ…アアアア…イクッ…」

俺「よう子のアナルにぶちまけるぞッ…」

よう子「アアッ…イクイクーーーーーー!」

ふう…最高……

チンポを拭きながら、「実際に会ってみない?」と打診するが、「ゴメンね」と断られる俺。

なんだよなんだよ。

このテレホンセックスはするが、リアルはダメっつう女子のガードの固さは。

春だ!春なんだぞ?もっと軽くいこうぜ!

桜は散ったが、俺の春はまだ遠い。


PAGE TOP