よう子(35歳)ノリの良いドMな淫乱主婦とテレホンセックス・前編

やっと暖かくなってきたな。

春の訪れと共に、エロ女子達が俺の部屋に大挙して訪れること、そして桜の花が開くのと同時に、女子達が俺に向かって一斉に股を開くことを祈って。

ようこそ2012年…春。

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

どうだ?みんなテレホンセックスしてるか?どうだ?釣れるか?釣れてるか?

俺は最近調子よくなってきた。円高となんか関係とかあんのかな。いやねえな。

割と探しだしたらすぐ相手と繋がるパターンが多くなってる。

なんでだろうな?わかんねーけど、俺のテレホンセクサー歴の長さ?そのキャリアゆえの余裕っつの?ゆとりある男のフェロモン嗅ぎ取っちゃってんじゃねーの?ウンウン。

そんな自信から、テレホンセックスの相手を見つけるときも、あまり深く考えずに待機メッセージを出す俺。

「ノリの良いドMな淫乱さん大至急求む。バカでお股のユルイ女の子大好き!股間膨張変態男より」

うん…

やっぱ「バカでお股のユルイ女の子大好き!」は止めようかな。ひかれるかもしらねーし。

「ノリの良いドMな淫乱さん大至急求む。股間膨張変態男より」

うん…

「股間膨張変態男より」も消そうかな。

結局のところ、待機メッセージは、

「ノリの良いドMな淫乱さん大至急求む。電話で一緒に気持ちよくなろうぜ!」

に落ち着いた。無難だ…無難すぎるか…

と思っていると、さっそく女子が入室。

元々、待機メッセージに「テレホンセックスで」と書いてあったこともあり、さっくりと電話で話すことに。

よう子「どうも」

俺「どうもこんばんは」

よう子「ハザマさんはSなんですか?」

俺「そうだね。どっちかっつーとSだけど、ドSではないかな。」

よう子「そうなんだ。ちょっと残念かも~」

俺「え?結構ハードに攻められたいタイプなわけ?」

よう子「ウン…」

俺「あ…(一瞬脳がフル回転)ああっそっかそっか…良かったー。実は俺、結構Sなんだけど、あまりハードな事言うと、初対面の女の子にひかれるかと思って…でもね、結構いじめるの好きなんだよねー。ウンウン。まあ、ドSに限りなく近いかな。いや、ドSかな」

早口で軽く嘘をつく俺。いや、嘘…じゃねーな。「ちょっと盛ってる」ってやつだ。

そんなの誰でもやってることだろ?そうだろ?まあ言い訳はさておき、そんな感じでスタートしたテレホンセックスだったんだけども、俺はよう子に、まず全裸になるように命令した。

よう子「はい…わかりました…」

と吐息交じりによう子が答える。

よう子「はい。脱ぎました」

俺「じゃあ、肌色のストッキング履いて。あるよね?」

よう子「はい…」

俺「じゃあ、裸にストッキングだけ履いて」

しばらく待たされた後、「履きました」とよう子。

俺「全身写るような大きな鏡とかある?」

よう子「あります」

俺「じゃあ、その鏡の前に座って」

よう子「はい…」

俺「じゃあ、脚を広げて」

よう子「広げました…」

俺「どんな感じか説明してごらん」

よう子「ああ…あそこが透けてて、すごくエッチです…」

俺「あそこじゃないだろ?オマンコだろ?」

よう子「アッ…」

俺「脚を広げたまま、ストッキングをオマンコに食い込ませて」

よう子「アアッ…」

俺「痛いくらいにもっと!」

よう子「アアッ…!」

俺「ホラ、どんな風になってる?」

よう子「オマンコに、ストッキングが食い込んで…シミになってる…」

その姿を想像してチンコを固くさせる俺…

続きは次回。チンコ膨らませて待て!


PAGE TOP