OL・ナミエ 黒木メ○サ似のM女とSM的テレホンセックス

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

「Mなので、いじめてもらいたいです。電話OK」

という、黒木メ○サ似のナミエとのテレホンセックス体験談の続きだ。

一見Sっぽい外見の美女が、実はMだったって事は意外とよくある。

グラビアアイドルが自己アピールのために「わたしMです~」というのもよくある。

肉をモリモリ食うようなデブが、「実はお肉とかってダメなんです~」っていうこともよくある。例えば、マツコ・デラックスとかな。

ちなみに、マツコ・デラックスの外見のコンディションが、最近気になる。

デブはデブなりに「おっ、今日はいい感じにまとまってるな」とか、「昨日飲みすぎたんじゃねーか?デブな上にむくんでんな」とか気になるほうだ。

また「頑張りすぎじゃないか?今日のマツコ」とか「ゲストが苦手なのかマツコ?」「その仕事は断れマツコよ」とか、もはやマネージャー目線な自分がいる。

そんなのはどうでもいいよな。ウン。

話し戻して、黒木メ○サ似のナミエとのテレホンセックス体験談の続きだ。

Mッ気があるというナミエに、「姿見に、四つんばいの後ろ姿をうつしてみろ」と、電話で命令してみた。パンツだけ下ろした状態で。

俺「どう?どんな感じ?」

ナミエ「え…どんな感じって…」

俺「これ、いつも男に見られてるんだろ?」

ナミエ「うん…」

俺「バックとか、よくやるんだろ?」

ナミエ「うん」

俺「お尻、叩かれたことある?」

ナミエ「えっ…ない…」

俺「じゃあ、叩いてみようか」

ナミエ「はい…」

ピシャッ、という音が聞こえた。四つんばいの自分の姿を見ながら、黒木メ○サ似のM女が自分のケツを叩いているかと思うと、興奮をおぼえる。

俺「痛い?]

ナミエ「ううん大丈夫」

俺「じゃあ、もっと叩いてみようか。俺が叩いてると思って…ホラ!ホラ、ホラ…」

ナミエ「(ピシャッ)アッ…(ピシャッ)アッ…(ピシャッ)アッ…」

しばらく電話でスパンキングをさせた。15分くらい。これは本物だ。

俺「どう?オマンコ広げてみて。どうなってる?」

ナミエ「濡れてる…」

俺「じゃあ指入れてみな」

ナミエ「んっ……」

俺「ナミエは、アナルとか経験あるの?」

ナミエ「ちょっとだけ…」

俺「じゃあアナルにも指入れてみようか」

ナミエ「アッ…」

俺「なに?結構アナル感じるんだ」

ナミエ「アッ…ダメッ…」

スパンキングで高まった上にアナルをいじらされて、かなり興奮してるようだ。

俺「自分のアナルに指入ってるの、ちゃんと見ながらいじるんだぞ」

ナミエ「アッ…見てる…ちゃんと見てる…」

俺「ナミエのアナルに、俺のチンポも入れていい?」

ナミエ「アッ…ダメぇッ…」

俺「ナミエのアナルにチンポ入れたいな…」

ナミエ「いや…だめ…」

俺「ナミエのアナルも、チンポ欲しがってるな。ヒクヒクいってる」

ナミエ「アアッ…やぁ…」

しつこいようだが、黒木メ○サ似のM女がアナルをいじっているわけだ。この際そういうことだと信じるもう俺は発射寸前だ。

俺「入れるぞ…」

ナミエ「ダメダメッ」

俺「ホラッ…」

ナミエ「アッ…アッッ…アッッアッッ」

俺「ナミエのアナル、スゲーいい!」

ナミエ「アッ…アアッ…」

俺「ナミエ、アナル気持ちイイんだろ?」

ナミエ「アッ…イイッ…」

俺「じゃあ、アナル気持ちイイって言って」

ナミエ「アナル、気持ちイイッ…アアッ…アアアアッッ」

俺「ナミエのアナルにいっぱい出すぞ…」

ナミエ「アッ…出してッ…出してぇ…」

俺「ウウッ……」

ナミエ「アッッ…イクッ…イクぅッ…アアーッ…」

ふう…良かった…

終わったあと、ダメもとで誘ってみたが、やっぱりリアルに会うのはダメだった…

と思いきや、なんと!OKを貰った!

取ったーーー!取ったドーーーーー!

アドレス、取ったドーーーーーーーー!

ナミエとのリアル待ち合わせ報告については、また次回。

チンコ膨らませて待て。


PAGE TOP