AV顔負けのエロナース・沙織(23歳)とテレエッチでイメージプレイ・後編

前回から引き続き、好みの患者とセックスするのが趣味のエロエロ看護婦・沙織との、テレホンセックス体験談の続きだ。

患者に襲われた話を聞きつつ、同じように体を触らせていると、沙織の声もいやらしく熱をおびてきた。

俺「後ろから抱きしめられて、オッパイ揉まれたんだ…優しく?」

沙織「うん…」

俺「沙織ってオッパイ、何カップ?」

沙織「Dカップ」

結構デカイじゃねーか!そんなデカいオッパイを後ろから…!羨ましすぎる!患者め!

俺「スカートまくりあげて、パンストの上からオマンコ触ってきたんだ」

沙織「ウン……」

沙織の息が荒くなってきた。

俺「どんな感じで?」

沙織「円を描くように…優しくて…やらしく触ってきてぇ…アアッ…」

俺「パンスト、破ったりとかしなかった?」

沙織「ううん…やぶけちゃうから脱がしてあげるって、くるくる脱がしてくれて…パンティーも一緒に脱がされて…」

女に慣れてない純朴キャラの患者と聞いていたけど、こいつ、結構な「ナース喰い」なんじゃねーかと思う。

沙織「それで、彼がしゃがんで…アソコを舐めてきて…」

俺「沙織は立って、足を広げてたんだ…」

沙織「…ウン…」

俺「舐めやすいように腰を突き出してたんだろ?沙織はいやらしいな…」

沙織「…アアッ…」

俺「こんな感じに音を立てて舐められたの?」

と、俺は音を立ててしゃぶる音をたててやった。

俺「ビチャッ…チュッ…チュッ」

沙織「アッ…アアッ…音たてちゃ…だめ…」

俺「それで、ベットに行ったの?」

沙織「ベットはきしむから…立ったまま…」

俺「バックで入れたの?」

沙織「そう…」

もーガマン出来ん!

俺「沙織、尻を突き出して…俺ももう入れるよ」

沙織「アアッ…」

俺「ホラ、ホラ!」

沙織「アアッ…アアン…アアッ…」

俺「声出したら、みんなにバレるだろ」

沙織「アアッ……イイッ…いいのっ…もっとっ…アアッ…アッ…」

俺「沙織のマンコに出すぞ…」

沙織「アアッ…出して…出してッ…アアッ…アアアアッ」

俺「いっぱい出すぞッ…」

沙織「出してぇッ…アアアアッ…アアン…」

俺「ウウッ」

…ふう…出た…

良かった…

切る前に佐織の病院を聞いてみたけど、やっぱり教えてはくれなかった。だよなー。

しかし、いつか出会いたいもんだ…AV顔負けのエロナース。

多少ブスだっていい。Aカップでもいい。もはや贅沢は言わない。ガストで一番安いハンバーグを頼める俺だ。サイゼリアでペペロンチーノだけ頼む俺だ。ホットミルクがわりに、クリープをお湯に溶いて飲む俺だ……贅沢は言わない。

だから神様、何卒宜しくお願いします。


PAGE TOP