フリーター・マヤ(20歳) 援交女とのテレホンセックス・後編

俺の「テレホンセックスしない?」の書き込みに対して「リアルで会うのは興味ない?」と連絡してきた援交女・マヤ。

援交する気は全くないけどテレホンセックスはしたい!

というわけで俺は「援交してもいいけど、その前にちょっと電話で話をさせて欲しい」と言って、非通知で電話させた。
俺「結構可愛い声だね」

マヤ「えーそう?」

俺「よく援交とかってやってるの?」

マヤ「たまにお金に困ったときとか…かな?」

俺「へんなやつに当たった時とかないの?変態プレイを強要されたりとか?」
と、さりげなくエロ話に導く俺。

マヤ「んーと…あ!あった。ホテル着いたらいきなりベットに押し倒されて、後ろ手に縛られて、下だけ脱がされてバック、みたいなの」

俺「ほう」

チンコが元気になってきた。

俺「それは、気持ち良かった?」

マヤ「あんまり。だっていきなりだよ?ちょっと痛かったし」

俺「じゃあ、今までで一番感じたときは?」

マヤ「えー。なんでそんなに聞いてくるの?」

俺「だってさ…(テレホンセックスに導くためのエロトークとは言えないので、瞬時に言い訳を考える俺)ぜんぜん感じないくせに、お金のためにエッチするコとは、別にやっても気持ちよくないじゃん」

マヤ「え、あたし、結構感じるけど!」

俺「そうなんだ。どのエッチが一番良かった?」

マヤ「すごい、触るのとか上手くてー。ずっとクリばっかり触ってくるんだけど、マヤがイキそうになるとやめちゃうの」

俺「じらすんだ」

マヤ「そう!そんなことされたことないから、もうすごくおかしくなっちゃって」

俺「うんうん(チンコしごき中)」

マヤ「最後、マヤから『入れてよー!』ってお願いしちゃった」

俺「エロイね」

マヤ「ね。思い出すと、ちょっと興奮しちゃうもん、今でも」

俺「そのこと思い出しながら、いじってみてよ」

マヤ「え?」

俺「お願い。俺、話聞いてたら起ってきちゃった」

マヤ「えー。テレホンセックスのために電話したんじゃないんだけど」

やべえ。

俺「俺ね…(必死で考えつつ)…なんでテレホンセックス好きかっていうと、声フェチなんだよね。だから女の子の最中の声とか…結構こだわりあるっていうか…声出さないコとかって論外だしね…俺の中ではね…ウン…だから、会う前にどんな感じの声かなーって思って……もしいやならいいんだけど…」

しばらく考えた後、「うーん…じゃあいいよ…」と承諾するマヤ。

俺「じゃあ、その男にされたみたいに、クリだけ触ってみて」

マヤ「……ううん…」

俺「マヤのクリは感じやすいのかな」

マヤ「結構…感じやすい……」

俺「じゃあ俺もマヤに会ったら、クリだけずっといじってあげる」

マヤ「アッ……」

俺「マヤのクリを、ずっと舐めて…」

マヤ「アッアアッ……」

俺「マヤのオマンコはもうビチョビチョかな?」

マヤ「アアンッ…ビチョビチョだよー」

俺「じゃあ、それを指につけてまたクリをいじって」

マヤ「アッアアッアアッ…」

俺「マヤのクリ、すげー勃起してるぞ」

マヤ「アッ…アアアアッ…」

俺「エロいなー…会ったら、クリいじってるとこ、写メ撮ってやろう」

マヤ「まじでダメッ…アアアッ…」

俺「顔とらないから。オマンコだけだから」

マヤ「ダメッ…アア…イキそう…」

俺「イク時は『入れて』ってお願いするんだからな」

マヤ「アアッ……アッ…」

俺「実際会ったときも、『入れて』って言うんだぞ」

マヤ「アッ…イキそう…アアッ入れてッ」

俺「何を?」

マヤ「チンポ入れてッ…チンポ入れてッ…アアーッ…」

ふう…良かった…

その後、マヤと会う約束はしたけど待ち合わせ場所には行かなかった。

当日「何で来ないの?」と電話で問い詰められて、「行こうと思ってたけど、やっぱり援交って良くないと思ったから」という正論で返して何とかやり過ごした俺。

こういう地道な感じで援交撲滅のために日々頑張っております。

ウソッス。自分、テレホンセックスやりたいだけッス。(あと、タダマン)

今から寿司を食べに行き、帰ったらまたテレホンセックスする予定なので、そろそろ失礼しやース!


PAGE TOP