女子大生・ミホ(19歳)「彼氏とのセックスに不満があってきました」・後編

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックス!

前回から引き続き、女子大生・ミホとのテレホンセックス体験談だ。

彼氏とのセックスだとイケないという欲求不満で、テレホンエッチ中毒になってしまったミホ。

じゃー俺がイカせてやるよ。テレホンセックスとリアルセックスでな!

と気合充分の俺。「15分以内にイッたら会ってもらう」という約束のもとテレホンセックス開始。より早くエロモードにさせるため、裸で鏡の前に座らせ、自分のエロイ姿を見て興奮させる作戦だ。

作戦の効果が当たったのか、すぐにイヤらしい喘ぎ声を漏らすミホ。

ミホ「アアッ…アアン…」

俺「こんな知らない男にオマンコ舐められて喜んでるんだから、彼氏一本じゃ欲求不満になるよな」

ミホ「アアッ…」

俺「オマンコにぶち込むぞ…ホラ!」

ミホ「アアッ…アアアッ…アアアッ!」

俺「ウッ…ウッ…フウッ…」

ミホ「アアッ…アアアッ…!」

俺「ミホのオマンコ…いいよ…」

ミホ「アアッ…アアッッ…アアアアッ…」

俺「ミホのマンコに中だしするぞ…」

ミホ「アッ…だめえ…」

俺「ザーメンたっぷり出してやるからな…」

ミホ「アアッ…イヤアアッッ…アアアアーッ…」

俺「イキそうになったら言えよ」

ミホ「もう…もうっ…イクッ…アアッ…イクーッ…」

もう限界になったミホ。よし…ここまでで13分。いける!女子大生とテレホンセックスからリアルセックス!と思ったが、「このままだと知らない男とセックスすることになる」と我に返ったのか、

ミホ「いや…イカない…アアッ…ダメッ……アアアッ」

と我慢しだして微妙な喘ぎ声を出すミホ。これはこれでイヤらしいぞ!まるで借金取りにまわされる人妻が、めくるめく快感に耐えているようじゃないか?なあ!いいよなこういうの!昔、そういうAV観たことあるし!結構興奮したし!

俺「ミホのオマンコ、ピクピクいってるぞ…もうイキそうなんだろ?」

ミホ「アアッ…アアッッ…だメッ…ダメダメ…」

俺「ミホのエロマンコがキューッて締まって…痙攣してきたぞ…」

ミホ「イカない…アアッ…イカなーーーーーーーーい!」

俺「ホラッ…ホラッ…ホラッ…」

ミホ「…アアッ」

俺「ホラッ…」

ミホ「…………ハア…ハア…ハア…」

俺「あれ?」

どうやらミホはさっきの「イカなーーーーーーーーい!」でイッたようだ。

エロイんだか、笑えるんだか微妙なところだけど、大体俺も同時にイケた。

「イッたよね?」とミホに確認すると、

「イって…ません」と明らかな嘘をつくミホに、ついつい爆笑する俺。

俺「いやいやいや…イッただろ!明らかに!」

俺の笑いに釣られてミホも笑いながら「イってません!」とミホ。

俺「だって、ホラさっき『イカなーーーーーーーーい!』って言いながらイってたじゃん」

ミホ「ギャハハハ…!」

俺「ギャハハじゃないよ『イカなーーーーーーーーい!』つって」

ミホ「ギャハハハハハハハハハハ」

俺「俺、『イカなーーーーーーーーい!』つってイク女の子、初めてだよ」

ミホ「ギャハハハハハハハハハハハハハハハ!やめてお腹いたい…」

散々笑った後、ミホが、「ホントはイキました」と告白。

俺「じゃあ、約束通り会ってもらうよ」

ミホ「約束って何ですか?」

俺「……!オメーよーーー!」

ミホ「ギャハハハハハハハハハハ」

まずい。すっかり向こうのペースだ。ここは大人の男として、約束がいかに大切か、自分の発言に責任を持つことの大切さを説かなければいけない。

俺が説得モードになろうとした時、意外にもミホが「会ってもいいですよ」と言ってくれた。やった!やったぞ!

俺「あ、ホント?!今から会える?」

はずむ声を隠し切れない俺。

ミホ「いいですよ」

俺「どこで会おうか?今、どこにいるの?そこまで行くけど」

ミホ「北海道です」

俺「………」

ミホ「もしもし?」

俺「……まじで?」

ミホ「マジです」

俺「……嘘だろ?」

ミホ「本当です」

俺「北海道の…どこ?」

ミホ「苫小牧です(即答)」

苫小牧……無理だよ。いけねーよ…

俺はリアルセックスを諦めた。電話を切りぎわ、未練たらしく「東京に出てくるときは絶対に連絡して」とお願いしつつ…

まあ、気持ちいいテレホンセックスが出来たからヨシとするか。

リアルセックスへの道は遠い…


PAGE TOP