ダブル不倫の彼女とテレフォンセックスしたらリアルのセックスも盛り上がるようになりました

投稿者:ボアハンコック(43歳)兵庫県/会社員
M気質の不倫相手のフェラチオ
M気質の不倫相手のフェラチオ

彼女とは、お互いに既婚者同志であり、お互いに不倫関係でした。

そもそもの出会いは、会社でイベントを行った際に、スタッフとしてアルバイトに来ており、そこで知り合ったという経緯がありました。

当初は、普通に食事をし、その後ホテルでセックスをするといった関係でしたが、月一度ほど会うような感じでした。

性欲が強い若妻

彼女は年齢が25歳で、ご主人は一回りほど年上の方でした。

こちらも、普段は仕事ですので、そんなにしょっちゅう会えることができず、月いちほどの関係がちょうどよかったのです。

しかしながら、彼女の方は、ご主人以外の男性とのセックスは私が初めてらしく、年齢も若いので、セックスによる快感や満たされ感に目覚めてしまったようでした。

私は、マイカーで通勤しており、いつの日からか帰宅時に彼女と電話をかけながら、家までの一時間を過ごしていました。

待ちきれない彼女がセックスの描写を

たわいもない話や、お互いの今日の出来事などを話していたりしていましたが、ある日彼女はどうしても私とセックスを早くしたいとねだるような事がありました。

こちらも妻が家で待っているので、突然の事には、なかなか対応ができず、後日会おうと提案しましたが、彼女の方はどうも耐えられないようでした。

私は、サービスエリアの端の方に車を止めて、そのまま彼女との会話を続けたのです。

彼女は、少しお酒が入っていたみたいですが、口調ははっきりしており、とにかく私とのセックスを語り出しました。

正直、彼女とのセックスは、お互いの欲望や癖をそのままさらけ出し、快楽のみを追求したようなセックスでした。

彼女は、完全なM気質で、ほぼ私のしたいことは受け入れてくれます。

唾液を交換しながらの激しいキスから、音を立てながらヨダレを垂らすフェラ、嗚咽し涙を流しながらのイラマチオまで受け入れてくれるのです。

挿入して射精するまでの流れ

挿入は、礼儀としてゴムだけは装着致します。

初めは正常位で、ゆっくりと同じタイミングで腰を動かすようにします。

彼女の濡れ方は激しく、つく度に音が出る名器でした。

しばらく正常位でのセックスを続け、彼女の声が少し大きくなり出した時に、私はペニスを抜き、右手の中指と薬指2本を彼女のあそこへ挿入、激しくかき混ぜると大量の潮を勢いよく、音を立てながら吹き出します。

激しく濡らして、何の抵抗も無くなった彼女のあそこに、再びドーンと挿入し、次はバックで彼女を責め続けます。

私は正座の体制で足を開き、彼女は足を閉じて上に乗っかって挿入します。

この体制でのバックは、非常に突きやすく、激しくするとアッと言う間に彼女は叫びながら逝ってしまいます。

最後は正常位から、彼女の出して欲しい所に射精。

そのほとんどは、顔に出す事が多いです。

そのままテレフォンセックスへ

こう言ったセックスを電話で彼女は話し出し、段々と声色がいやらしく変わってくるのです。

彼女は、性欲が強いのと、先ほど申し上げたような、責められるセックスが大好きで、よく妄想オナニーをしていると言う事でした。

時々、携帯をあそこ付近へ持って行き、濡れている音を聞かせたり、可愛いらしくおねだりをされると、さすがにこちらも勃起を抑える事ができません。

夜のサービスエリアですが、人は結構います。

恥ずかしさや、恐怖感もありましたが、彼女とのテレフォンセックスへの欲望に負けてしまいました。

彼女ととにかくいやらしい話のオンパレード。

時々、口を使っての、いやらしい音を立てるような行為。

しばらくの間に、お互いに絶頂を迎えることとなりました。

彼女とのテレフォンセックスは、この日から度々あるのですが、会った時のセックスの盛り上がり方は、今まで以上となりました。

とにかく、性に対して完全にオープンになり、お互いの快楽を追求するような動物的なセックスをするようになったのです。


ボアハンコックさん投稿ありがとー!!
不倫相手から今までのセックスの描写を電話でされるなんてエロ過ぎるなー!!
ボアハンコックさんが我慢できなくなったのも仕方がないぞ!
サービスエリアの社内で人に見られるかもしれない、というのも興奮を倍増させたな。
その後のリアルセックスもさらに楽しめるようになったし、うんうん電話エッチは良いことだらけだ!
諸君も試してみると良い!マンネリカップルにも良いぞ!
では!


PAGE TOP