互いの職場で通話アプリを使ってオナニー見せ合いTV電話エッチ

今回の「僕らのエロ電話オナニー体験談」は、ねむさん(30歳 東京都 販売員)からの投稿です。

投稿者:ねむ(30歳女性)販売員
僕らのエロ電話オナニー体験談
互いの職場で通話アプリを使ってオナニー見せ合いTV電話エッチ

30歳女性、東京都在住の独身です。

職業は食品販売員のアルバイトをしています。

私はかなり性欲が強いタイプで過去に多くの男性と関係を持ったり、アプリでエッチな行為をしてくれるセフレを何人か作っていました。

つい最近まではいつも相互オナニーをし合える男性が1人居て、休日だけでなく場所を問わずオナニーを見せ合い疑似セックスを興じていました。

お相手の男性は27歳で建設業の仕事をしています。

見た目は俳優の松山ケンイチ似のイケメンで、明るく陽気な性格なのでかなりモテるタイプなのですが地方に住んでいるため出会いが全くないらしく独身で彼女は居ません。

辺り一面田んぼでwi-fiが使える家は集落で数件ほどしかないと言っていたので、風俗店やキャバクラはおろか若い女性と出会う機会も全くないのだそうです。

そのためセックスをする機会が殆どないことから性欲が異常に強くなってしまったと話しています。

通話アプリで出会った声友と相愛関係に

そんな彼と出会ったのは通話アプリの声友です。

声友とは無料で利用できる通話アプリのことで、登録したのち通話相手を探し始めるとそのタイミングで同じように話し相手を探している異性とマッチングするという仕組みのアプリです。

ランダムに異性をマッチングしたり、指定のユーザーに電話をかけることも可能です。

初対面の相手と話す機会を持つことがが出来るので新鮮で面白いと評判のアプリなのですが、私は当初このアプリを通じて寝落ち相手を探していました。

私のように寝落ち通話を探して利用する方も多いため、夜中でも利用者が多く話し相手が見つからないといった事例はほぼありません。

私も例外ではなくある日寝落ち相手募集と書き込みをして探し始めたところ、彼とマッチングして通話を始めました。

初めて彼の声を聞いた時、とても陽気で優しい雰囲気の方だと思いました。

簡単な自己紹介を経て趣味の話や住んでいる地域の話、仕事の話などをしていくと彼の明るい雰囲気が日々の仕事疲れを癒してくれるようで心地よくなり、通話を終えた後に同アプリ内のメッセージ機能でLINEを交換しました。

彼も私の声質や雰囲気に好感を抱いてくれた模様で、その時点で既に相愛関係が出来上がっていました。

LINEを交換してイケメンの彼とテレビ電話エッチ

LINEに移った直後、互いに自撮りを好感して初めて顔を知りました。

実は声ともでは他のアプリへの誘導や出会い系目的での利用を避けるため、画像の送受信が出来ない仕様になっています。

例えばLINEのQRコード画像を交換することが出来なかったり、自撮りを送れないようにしているのです。

ですが純粋にもっと仲良くなりたいと思った私たちは彼から先にLINEのIDを聞き、後から私がIDを追加することで彼と連絡先を交換していました。

なので声ともで通話している時点ではお互いに顔を知らない状態だったのです。

そんな中LINEにて自撮りを交換すると彼は人気俳優にそっくりのイケメンだと分かり、また彼も童顔で某AV女優に似た顔つきの私を見て「超かわいいね!」と褒めてくれました。

私も彼がたまたま自身の好きな俳優にそっくりだったので感激し、「こんなイケメンと話していたなんて驚いた」と高揚する気持ちを伝えました。

そこから一気にお互いを意識し合うようになり、普通の会話だけでなく日頃の性生活の悩みなどを赤裸々に話し始めたのです。

すると彼は田舎に住んでいるためセックスをする機会が全くないこと、また性欲が強いことが悩みだと知り私ならその悩みを解消してあげられるのではと思い始めました。

そこで私から「LINEで見せ合いオナニーしない?」と誘い、出会って数週間後には初めての通話エッチをしました。

LINE通話で直ぐにカメラを起動し、お互いに自慰行為を大きく映し合いました。

それまで通話エッチをした経験がなかった彼は最初戸惑っていましたが次第に気持ち良くなってくれたようで、思い切り射精した後はすっかり通話エッチにハマっていました。

その後通話エッチにハマってしまった彼から何度もエッチのお誘いを受け、数回エッチをしたのですが性欲が異常に強い私はただの見せ合いでは満足できなくなっていました。

そこで「互いの職場で通話エッチをしたい」と彼におねだりしたのです。

彼も喜んで「やりたい!」と言ってくれたので、数日後にお互いの職場の休憩時間を狙って通話エッチの約束をしました。

バイト先のトイレで彼と相互オナニー

約束の日、私はたまたま昼でバイトが終わったのですがそのままバイト先のビルのトイレに入って彼からの電話を待ちました。

すると昼休みの時間帯に彼から電話がかかってきて、カメラモードを起動すると彼は建設会社の隣に併設されている仮眠スペースに居ました。

彼が言うにはこの仮眠スペースを昼時に利用する仲間は少なく、同僚はみな昼食を家に帰って食べているとのことでしたから、貸し切りのような状況のようでした。

そして私はトイレの便座に座って秘所を広げ、カメラでアップに映しながらオナニーを始めました。

そのまま陰茎も激しく擦って中に指を数本同時に出し入れするなど激しめのオナニーを彼に見せました。

そしてそのまま潮吹きをしながらイくまで何度も自慰行為に浸りました。

今度は彼が仮眠スペースでペニスを出して上下にさすり始め、私は彼の手の動きに合わせてリップ音で疑似フェラを楽しみました。

彼も私の唾液の音に合わせてオナニーに耽りそのまま思い切り射精しましたが一向にペニスが萎えることはなく、次は二人同時にオナニーをしました。

同時にオナニーをしますのであまりスマホ画面を見る余裕はありませんが、一緒にイく感覚は本物のエッチと大差ないほど刺激的なものでした。

彼氏が出来たので彼とはお別れしました

その後職場エッチを数回行ない、完全なセフレ関係になってから約1年後に彼とは別れました。

理由は私に彼氏が出来たからです。

セフレの彼とは出会った当初から相愛関係ではありましたが、居住地が全く異なり遠く離れていることもあってお付き合いをする関係にはなれないと互いに理解していました。

なのでお互い同意の上でセフレ関係になろうと決めたのです。

ですからいつか終わりが来る関係だと薄々感じていましたが、私が職場の男性と交際を始めるにあたってセフレの彼に別れを告げました。

その後セフレの彼とは一切連絡は取っておらず、声ともも利用しなくなりました。

今では毎日のように彼氏とセックスをしていますが、たまに通話エッチのスリルを思い出してしまいます。

肉体的に繋がることは出来ませんが、同じ瞬間にオナニーを見せ合う行為自体は本物のセックスよりも煽情的で興奮しますから、またいつか通話エッチをしたいなと思います。

ねむさん投稿ありがとー!!
本気でエロい体験談だった…。
しばらくオカズにできそうだ!
サンキュー!!
やっぱり性欲が強い女子はいい…。
最近こんな感じのエロい娘に出会えてないから、そろそろいい出会いが欲しいぜ!
じゃあ俺はしばらく「声とも」使ってくるから宜しく!


PAGE TOP