ジムでナンパした女子大生インストラクターとLINEでテレビ電話エッチ

投稿者:航平さん(30歳 男性)会社員
ジムでナンパした女子大生とテレビ電話で相互オナニー

私は、現在30歳の非営利団体に勤める航平といいます。

私は、22歳で大学を卒業し社会人になってから運動不足解消の為、スポーツジムに通い始めました。

私が入会したスポーツジムは、子供から大人まで様々な年代の人が入会していて、規模も市内では最大でした。

その為、インストラクターの数も多く、彼らは毎日交代でジム内の各フロアで勤務していました。

私はジムに1年間通ううちに、受付にいる若くて小柄なインストラクターに密かに好意を寄せるようになりました。

ある日私は、そのインストラクターが一人で受付に居る時を狙い、自分の電話番号とメールアドレスを書いた紙をそっと彼女に渡しました。

彼女は、驚いた表情をしていましたが、にっこりと笑って会釈をしてくれました。

連絡先を交換しただけでプラトニックな関係の二人

その日の夜に、彼女から声をかけてくれて嬉しかったという趣旨の電話がありました。

久美という彼女は、20歳の体育大学の学生で、現在アルバイトでジムに来ているとの事でした。

久美は健康的な体つきをしていて、やや短めの黒髪が似合っていました。

私は、連絡先を交換してから1ヶ月後に久美とお付きあいすることになりましたが、3ヶ月経ってもまだ久美とエッチはしていませんでした。

その頃になると、私達はLINEのメッセージで毎晩連絡を取り合うようになっていましたが、私が久美とエッチしたいという願望は抑えられなくなってきていました。

そこである日私は、LINEの無料ビデオ通話越しに久美のエッチな体験ができないかと考えるようになりました。

LINEのビデオ通話で彼女を誘惑

私はある日の晩、久美に「効果的なストレッチ方を教えてほしいからビデオ通話がしたい」と伝えました。

久美は快諾してくれ、早速ビデオ通話を開始しました。

私は、通話前に予めチンコを勃起させ、そのチンコを強調させるためにパンツを穿かずに短パンを穿きました。

その為、通話を開始してすぐ久美は私のチンコに釘付けになっていました。

私は、スウェット姿の久美の視線には気付かないふりをして久美からストレッチの指導を受けました。

彼女の目の前で画面越しにオナニー

私は、さらに久美にアピールしようと、短パンを少し下げ偶然を装い亀頭を少しだけ露出しました。

久美は、次第に顔を赤くしていき、動きもぎこちなくなっていきました。

そして、ついに久美が「航平くん、出てるよ…」と小声で指摘してきました。

私は、「これのこと?」と言って短パンを脱ぎ画面の前に勃起したチンコを差し出しました。

久美は、「いやっ」と言って両手で顔を隠しながらも、指の隙間からしっかり此方を見ていました。

私は、「最近チンコのストレッチもしてるんだ」と言って、そのままオナニーをして見せました。

久美の目は次第に虚ろになっていき、興奮していることが伝わってきました。

彼女と念願のテレビ電話セックスで相互オナニー

私は、「久美の裸も見たいな…」とリクエストしました。

久美は、躊躇しましたが私から何度もお願いされ、ついにその立派なおっぱいとパイパンのマンコを披露してくれました。

私は、オナニーしながら「ああ、久美…綺麗だよ…。」と言って褒めました。

すると、久美はなんと「航平くんのおちんちん見てたら興奮してきちゃった。私が気持ちよくなってるところも見て…」と言って自らオナニーをし出したのです。

これには私も驚きました。

久美は手慣れた様子で、片手で乳首を刺激し、もう片方の手でマンコを激しくなで回しました。

久美のパイパンでピンク色のマンコからは透明な愛液がぐちゅぐちゅ音をたてて垂れ、少し黒くて大きな乳首をはビンビンに勃起していました。

久美は、「航平くん、私と一緒にイこう…」と言うと、腰を浮かせマンコに激しく指を出し入れしている所を見せてきました。

私はとうとう我慢できなくなりスマホの画面に思いっきり射精してしまいました。

それとほぼ同時に、久美も潮を画面に向けて吹かせて果てました。

その後、私の予想とは裏腹に久美は大学を卒業すると共にジムを辞めていなくなってしまいました。

今思えば、1度だけでも久美と実際に会ってエッチをしておくべきだったと後悔しています。

航平さん投稿ありがとー!!

ジムのインストラクターの女子大生とかメチャクチャエロイな!
俺が通ってるジムにはおばちゃんとゴリラみたいなのしかいないんだ…
そろそろジムを変えようかなー

って話がそれてしまったが、航平さんも中々テレビ電話エッチに馴れている猛者のようだ!
画面越しで女をエロくさせるなんてやるじゃない!!
普通の会話をしようとしていた相手に対して、自分からテレビ電話エッチのきっかけを作るのって結構ハードルが高い。
そんな状況でもしっかり相互オナニーで気持ちよく終われたのは素晴らしいの一言だ!

みんなも航平さんを見習って、どんどん積極的にテレビ電話エッチを楽しんでくれ!


PAGE TOP