F●2ライブチャット嬢リッチャン(20歳) ノーブラ乳首ツン立ち女のテレホンセックス公開オナニー 前編

f●2ライブチャット嬢の公開テレホンセックスオナニー
f●2ライブチャット嬢の公開テレホンセックスオナニー

加護ちゃんやのりぴーも過去のスキャンダルを乗り越えて、浮上しようとしてるけどまだまだ苦戦してるようだ。

スキャンダルで落ち目になったアイドル・女優に興奮する俺のようなクズ人間に、いやらしい目で見られないよう頑張って欲しい。

矢口、お前もだぞーーー!(股間をギンギンにさせて絶叫)

さてさて、この体験談冒頭で前から何度も口を酸っぱくしていっているとおり、下世話な俺は、芸能人女性の転落・スキャンダルに目がない。

前述の彼女たちが世間を騒がせていた頃、俺はいつでも股間をギンギンにさせていたような気がする。

最近俺にとってのニュースターが出なくて寂しいなーと、ネットを漁っていたところ、何年か前から話題になっているバカッター(ツイッターで軽犯罪行為を自慢げにつぶやき、炎上、最終的に退学や退社にまで追い込まれる、アホな素人たちの暴走行為)のまとめサイトに出会った。

あー、これこれあったあった。あ、これは知らなかったな。

あー、実名と写真の魚拓が晒されちゃってんのなー…あーら…

と見ていて、俺はふと気づいた。

自分の股間がギンギンになっていることに。

俺は、芸能人女性の転落=ヌード写真集またはAVという図式があるから興奮すると思っていたけど、素人のやらかしでも十分興奮するってことは…

そっか…俺…ただの…

糞下世話な2チャン野郎だったんだ…

そう再認識した次第です。

今後、自分が糞下世話な人間だと自覚し、日々慎ましく生きていこうと思います。

オッス!俺、テレホンセックス大好きハザマックスーーー!

今回もまた、俺のテレホンセックス武勇伝をレポートするぞ。

最近相手を探す場所としてよく使ってるのが、スマホの某ライブチャット。

まあ、どこかは言わないけど、ここはエロのライブチャットが多くて、最近でも未成年がセックス動画流したとかで摘発されたり、何かとお騒がせなところ…といえばもうピーンとくる人も多いだろう。

有料のチャンネルも多いが、素人がかなりギリギリ(アウト)なところまでやっちゃってる、俺らにとっては楽園のようなところだ。

そこでライブチャットサーフィンをしていると、エロな匂いをプンプンさせている女子を発見。名前はリッチャンというらしい。

そんな胸がデカいわけでもないが、ノーブラでタンクトップ、乳首はツン立ち、下はホットパンツ、という、「お前、ここはアメリカの西海岸じゃねーぞ?」と突っ込みを入れたくなるような、ホットパンツだけ脱がして、後ろから突っ込みを入れたくなるような…そいういうセクシャルバイオレットな姿に、小生の股間もツン立ちでありんす!(スポーツ新聞のエロコラムを意識)

俺と同じようにエロの匂いをかぎ分けて、彼女に群がる男たち。

俺はいつものように、まずは閲覧のみで発言はせずのスタイル。

「リッチャン今日も夏っぽいねーいいね最高!」

「今かけてる音楽って○○じゃない?俺も持ってる」

とかなんとか、リッチャンのごきげんとりの取り巻き達。

ここしばらく利用してて思ったのは、女の子にエロねたを振ったり、エロ行為をお願いして許されるところと、そうでないところがあるということ。

一見、女の子自身がエロい恰好をしていても、取り巻きのガードが強くて「○○ちゃんはそんなことしないよ」「そういうのしたかったら○○チャンネルに行けば」とか撃退されてしまうパターンもある。

今日はどっちかなーと、静かに観察しつつ見極めようとしていると、

「久しぶりー。ケンです!リッチャン今日もエロエロだねー」と、

新たに入ってきた男(ケン)によって、空気が一変したのだった。

「リッチャン、その恰好でコンビニとか行ったりする?俺、そんな恰好の女の子が外歩いてたらもう、問答無用で連れて帰るけどね」

ケン…そんな無邪気にエロを大解放して大丈夫なのか?

お前は伝説の勇者になれるのか?

俺はこぶしを握った…

続きは次回。チンコ膨らませて待て!


PAGE TOP